REBTベーシックコース 2018年度開催案内

演習、ピアカウンセリング等を通じて、構造化されたREBTのカウンセリングをクライエントに実施できるようにすることを目指す3日間コースです。本講座の修了は、REBT心理士補認定試験の要件に含まれます。

第26回REBTベーシックコース

  • 対象:REBT入門コースを修了した本学会会員(受講には入会が必要)
  • 日時:2018年9月22日(土)・23日(日)・24日(月・祝) 9:30~16:30(昼食休憩1時間)
  • 会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)
    • 1日目:センター棟511号室
    • 2日目:センター棟511号室
    • 3日目:センター棟511号室
  • 受講料:会員55,000円(リカレント研修生35,000円)、会員(学生)45,000円(リカレント研修生30,000円)
    • 入門コースを修了した非会員が受講を希望する場合は、先に入会申込をして、手続き完了後にお申込ください。
  • 定員:20名程度(先着順)
  • 講師
    • 1日目:加濃正人(学会インストラクター;新中川病院内科・神経科医師)
    • 2日目:吉田悟(学会インストラクター;文教大学人間科学部心理学科教授)
    • 3日目:春谷順子(学会インストラクター)
  • 申込方法:ベーシックコース申込フォームより
  • 申込開始:2018年3月8日
  • 申込締切:満席または開催1か月前(締切と同時に申込フォームを閉鎖いたします。準備の関係で、開催1か月前を過ぎての申込は受け付けられません)

注)使用テキストについて

ドライデン、デジサッピ著、菅沼憲治訳『実践論理療法入門』(岩崎学術出版)を副読本として使用し、例年は受講者各自にご購入いただいていました。現在発行元品切れの状態であるため、講師作成の配付資料だけで研修を構成するよう配慮いたします。なお、各自で中古書を入手していただいたり、図書館等で借りて個人使用のために必要部分を複写していただいたり、代替として原著(邦訳版に対応した第1版ではなく第3版)を購入していただいたりすることも可能です。