学会認定資格について

学会認定資格 「REBT心理士補」「REBT心理士」について

「REBT心理士補」及び「REBT心理士」とは、REBTサイコセラピスト・REBTカウンセラーとして当学会が認定する資格です。毎年1回の資格認定試験が下記の通り実施されます。 資格認定試験は、本学会の学会員でなければ受験できません。

 
2020年度試験日程(2020年10月18日確定)
  • REBT心理士補:2020年11月29日()  会場:ZOOMオンライン会議
  • REBT心理士:今年度は実施しません
2020年度の試験要綱が必要な方 は問い合わせフォームから事務局にご請求ください。
※2020年度ベーシック講座受講者には最終日に配布します
※2020年度スキルアップセカンドコース受講者には事務局から郵送します

「REBT心理士補」資格取得までの流れ

*受験資格年齢・21歳以上の方

その1 学会主催研修講座を受講
  1. REBT心理士補養成講座「REBT入門コース」受講
  2. REBT心理士補養成講座「REBTベーシックコース」受講
  3. 「REBT心理士補」資格試験を受験
その2 学会認定の大学講義を履修された方
  1. 学会認定講義の単位取得(半期2単位) 学会認定の講義については学会事務局にお問い合わせください。
  2. REBT心理士補養成講座「REBTベーシックコース」受講
  3. 「REBT心理士補」資格試験を受験

「REBT心理士」資格取得までの流れ

*受験資格年齢・25歳以上のREBT心理士補の方

その1 学会主催研修講座を受講
  1. REBT心理士養成講座「REBTスキルアップコース」受講修了(2年間)
  2. 「REBT心理士」資格試験を受験
その2 REBTによる臨床経験をお持ちの方
  1. REBT臨床実務経験(2年間)
  2. REBT心理士養成講座「REBTスキルアップコース」受講修了(1年間)
  3. 「REBT心理士」資格試験を受験
その3 REBTの研究実績をお持ちの方
  1. 大学院修士修了(REBTの研究論文・修士論文をお持ちの方)
  2. REBT心理士養成講座「REBTスキルアップコース」受講修了(1年間)
  3. 「REBT心理士」資格試験を受験