スキルアップコースの修了要件、再履修、仮進級について

 このページの規定は2017年度から適用されます

ファースト→セカンドコース仮進級の制度が2017年6月から新設されました! new

1)スキルアップコース(ファーストあるいはセカンド)の修了要件

  1. 原則としてすべての回(5回)の出席が必要です。
  2. ただし、やむを得ない事情(病気等)により欠席した場合、1回に限り、担当講師から出題される課題についてすみやかにレポートを提出することで、出席に代替することができます。
  • 例1:1~4回目を出席+5回目を欠席してレポート提出 → 修了要件を満たす
  • 例2:1~4回目を出席+5回目を欠席してレポート提出せず → 修了要件を満たさない
  • 例3:1~3回目を出席+4・5回目を欠席 → 修了要件を満たさない

 

2)スキルアップコース(ファーストあるいはセカンド)の再履修について

  1. 過去の年度、欠席によってスキルアップコースの修了ができなかった場合、同コースの再履修においては、すでに出席済みの回は欠席してもかまいません(もちろん出席してもかまいません)。
    ただし、欠席をレポート提出で代替した回は、出席する必要があります。
  2. 再履修時、出席が必要な回をやむを得ない事情(病気等)で欠席した場合、1回に限り、担当講師から出題される課題についてすみやかにレポートを提出することで、出席に代替することができます。
  3. 申し込む年度において、出席の必要な回数が少なかったとしても、それによる受講料の減額はありません。
    ただし、再履修のための受講には、リカレント研修としての料金が適用されます。


前年度、1~3回目を出席したのち4回目を欠席してレポートを提出したものの、5回目も欠席して修了要件を満たさなかった方の場合、次年度に・・・

  • 例1:1~3回目を欠席+4・5回目を出席 → 修了要件を満たす
  • 例2:1~3回目を欠席して4回目のレポートを提出+5回目を出席 → 修了要件を満たす
  • 例3:1~3回目を出席+4・5回目を欠席 → 修了要件を満たさない
  • 例4:例3の方が、さらに次の年度に4・5回目を出席 → 修了要件を満たす

 

3)スキルアップセカンドコースへの仮進級について(2017年6月26日追記)

  1. 通常、スキルアップセカンドコースの受講は、スキルアップファーストコースを修了した方に対してのみ認められます。しかし、ファースト講座の最終回(第5回)を含む合計3回以上を受講(この場合レポートの提出は出席の代替にはなりません)した方は、仮進級としてセカンドコース受講申込みを受け付けます。
  2. ただし、セカンドコースの受講と同年に平行してファーストコースの再履修(受講料はリカレント生扱い)が必要となり、ファーストコース修了まではセカンドコース修了にはなりません。
  3. 仮進級のためにファーストコース最終回の受講が必要な理由は、翌年以降の再履修時、セカンドコース修了前にファーストコースの修了が確定していないと、REBT心理士補試験受験の申込みに間に合わないためです。
  4. 過去に該当する形でスキルアップファーストコースを受講した方も、申告があれば仮進級を認めます。