REBTベーシックコース 2020年度開催案内

演習、ピアカウンセリング等を通じて、構造化されたREBTのカウンセリングをクライエントに実施できるようにすることを目指す3日間(事前学習ビデオ視聴1日分+ZOOMオンライン研修2日間)のコースです。約2週間前にお送りする事前学習ビデオを視聴した上で2日間のオンライン研修に参加いただくことで修了となります。本講座の修了は、REBT心理士補認定試験(本年度の実施は未定)の要件に含まれます。

第1回REBTオンラインベーシックコース 締め切り

  • 対象:REBT入門コースを修了した本学会会員(受講には入会が必要)

  • 日時:1)事前学習ビデオ4~6時間(予定;9月初めに送付;9月19日までに視聴のこと)
       2)オンライン研修:2020年9月19日(土)・20日(日) 9:30~16:30(予定)

  • 会場:ZOOMオンラインミーティング

  • 受講料:会員55,000円(リカレント研修35,000円、再履修35,000円)、会員(学生)45,000円(リカレント研修30,000円、再履修30,000円)
    • 入門コースを修了した非会員が受講を希望する場合は、先に入会申込をして、手続き完了後にお申込ください。

  • 定員:30名程度(先着順)

  • 講師
    • 事前学習ビデオ担当:加濃正人(学会インストラクター;新中川病院内科・精神科)
    • 19日:佐藤哲康(学会スーパーバイザー;川村学園女子大学 心理学科准教授)
    • 20日:春谷順子(学会インストラクター)

  • 申込方法:ベーシックコース申込フォーム(このページの最下段)より

  • 申込開始:2020年8月2日

  • 申込締切:満席または開催1か月前(8月19日)(締切と同時に申込フォームを閉鎖いたします。準備の関係で、開催1か月前を過ぎての申込は受け付けられません)

 

■申込から受講までの流れ
(これまでと手順が異なりますのでご注意ください!)

  1. フォームを送信すると、記載していただいた主メールアドレスに2通の自動応答メールが届きます(事務局からの受付確認メールはありません!)。自動応答メールがない場合、ご記入いただいたアドレスに誤りがある可能性や、迷惑メールと認識されている可能性がありますのでご確認ください。
    • Googleフォームからの申込み内容確認メール
    • 本学会教育・研修委員会からの参加費振込案内メール
  2. 振込案内の自動応答メールが届いてから5日以内(一般銀行の休業日を除く)に、記載された口座に所定の参加費をお振込ください(無料の方以外)。万一期限を過ぎる場合には、期限内に必ずご一報ください。連絡をいただけず期限内の振り込みがない場合、通告なくキャンセル扱いとさせていただく場合があります。
  3. 振込は受講者本人の名義でお願いいたします。やむをえない事情により他の名義で振り込まれる方は、申込フォームの備考欄にお書きください。
  4. 振込を確認したことを連絡する個別的なメールはお出ししていません。開催日の2週間前までを目処に、記載していただいたメールアドレスに事前学習ビデオ視聴URL、当日のZOOM会議室URL、関連資料、領収書等をお送りします。万一届かない場合には、問い合わせフォームからご連絡ください。
  5. 領収書の宛名は空欄になっていますので、PDFを印刷の上、ご都合のよい個人名、法人名等をご記入いただき使用ください。個別仕様の領収書(分割、合算等)はいたしかねますのでご了承ください。

■オンライン研修の受講方法

  1. ZOOMオンラインミーティングを使用します。必要機材やインターネット環境の確保は各自でお願いします。個別的な接続のサポートはいたしませんが、開催2週間前までを目処に、参加のためのURL情報とともに、オンライン研修参加に必要な知識をまとめた案内ビデオをお送りします。
  2. 必要な機材等(参加案内ビデオでも紹介):パソコン(画面の小さいタブレットやスマートフォンでの参加は不可)、内蔵カメラまたはウェブカメラ、ヘッドセットまたはイヤホンマイク(事前に動作確認をお願いします)、十分な速度のインターネット回線(携帯電話回線は不可)、ZOOMアプリのインストール、他者に画面を覗かれない静粛な場所
  3. 本人確認のため、カメラをONにしてご参加ください。音声のみでの参加はお断りします

■注意事項・免責事項

  1. メールアドレス誤記、主・予備メール同一アドレス記入等による申込者の不利益(重要事項の不達による損害等)は免責とさせていただきます。
  2. 一度振込まれた参加費は、受講者の都合で返金することはできません。
  3. 諸般の事情で研修の日時や講師を変更する場合があります。日時を変更する場合には、なるべく早く受講者にお知らせします。
  4. 災害・感染症拡大などやむをえない事情により開催を短縮、中止する場合があります。おおはばな短縮(全時間の1/3を超える)や中止に至った際は、翌年度から一定期間、同等講座を無料または割引料金にて受講いただける措置を取ることを原則とし、受講料の返金はいたしません。なお、事前学習ビデオも研修実施時間に含めます。
  5. 研修の構成上、実施形式を変更する可能性があります。
  6. 受講者の器機トラブルや通信障害によって参加ができない場合、個別のサポートはできかねます。その場合、受講料の返却はいたしませんのでご了承ください。
  7. 研修参加が不適切であると講師等が判断した場合(他の受講生の学習が妨害される、関係者の安全が脅かされる等)、受講をお断りする場合があります。その場合、受講料は返却いたしません。
  8. プライバシー保護の観点から、研修会の録音・録画・写真撮影はご遠慮ください。
  9. いただいた個人情報は厳重に管理し、本学会の事業以外の目的で使用しません。

 

注)使用テキストについて

ドライデン、デジサッピ著、菅沼憲治訳『実践論理療法入門』(岩崎学術出版)を副読本として使用し、例年は受講者各自にご購入いただいていました。現在発行元品切れの状態であるため、講師作成の配付資料だけで研修を構成するよう配慮いたします。なお、各自で中古書を入手していただいたり、図書館等で借りて個人使用のために必要部分を複写していただいたり、代替として原著(邦訳版に対応しているのは第1版、最新版は第3版)を購入していただいたりすることも可能です。


 

本ページの案内、注意・免責事項を十分に理解した上で、
下記リンクからお申し込みください

ベーシックコース申込みフォーム(締め切り)